shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • Tweet
  • シェア
  • はてなブックマーク
映画館スタッフたちの映画愛、映画館あるあるをキネカゆかりの映画人たちによって映画化された『キネカ大森先付ショートムービー「もぎりさん」』。本作の主演、片桐はいりはキネカ大森とは30年以上の付き合いで、当劇場に映画鑑賞に通いつめ、もぎりをするようになり、その縁から「もぎりさん」は生まれた。
2018年7月からキネカ大森での上映作品の本編前に併映、2019年1月にはテアトル系全9館にて拡大上映され話題を呼んだ本作の第2弾となる「もぎりさん session2」が7月12日より公開されている。7月13日には、「もぎりさん」「もぎりさん session2」全話を一挙に鑑賞できる上映会が開催され、片桐はいり、第7話から第9話の監督と脚本を担当した鈴木太一、第10話から第12話の監督と脚本を担当した瀬田なつきがトークショーに登壇。トークショー後には、「もぎりさん」の楽しみ方や、撮影時の裏話などについても語ってもらった。

便利が主流になっても「もぎり」の存在は残してほしい

写真

―― 片桐と二人の監督との出会いについて。

片桐はいり「大森の友人から、映画のポスターを看板にしてぶら下げて宣伝している人を見たという話を聞いて。それが『くそガキの告白』の上映時に、自らサンドイッチマンになりチラシを配っていた鈴木監督でした。大森に映画館があることを知らない友人がいたことにも驚き、JR大森駅に映画の看板を出すことに使命を感じました。これだ!というきっかけをくださったのが、鈴木監督です(笑)。それが今のアトレ大森ともぎりさんのコラボにつながるわけです」

鈴木太一「チラシ、配りまくっていましたね。配らずにはいられないという気持ちでした(笑)」

片桐「瀬田監督とは、『片桐はいり4倍速』という作品のメイキングを撮影していただいたのですが、その時、映画好きな私は本編以外、特にメイキングには興味がなくて(笑)」

瀬田なつき「私も人見知り全開であまりお話することができませんでした」

片桐「でも、その後、横浜のジャック&ベティの「未来の巨匠たち」という特集上映で瀬田監督の映画が上映されていると聞き、観に行ってみたら、とても素晴らしくて一気にファンになってしまいました」

瀬田「いつかご一緒したい、はいりさんのいろいろな顔を見たいという思いで、『片桐はいり4倍速』の企画を出していたので、『もぎりさん』でご一緒できたのは夢のようでした」

写真

―― 片桐が「ぜひ入れて欲しい!」とリクエストしたエピソードがあるという。

片桐「鈴木監督に35mmの話を入れて欲しいとお願いしました。今、映写機を残している映画館はとても少なくなっています。キネカ大森も今後どうなるのかわかりません。そんなこともあり、ぜひお願いしたいと伝えました」

鈴木「今回は前回より30秒ほど短い2分という尺になっています。作っていると、あれも入れたい、これも入れたいという気持ちになるのですが、『もぎりさん』は先付けムービーなので、余計なものは入れないということを心がけています」

片桐「瀬田監督にも、劇場に幽霊が出るという話をしました。映画館や劇場には、幽霊がいないとダメなんですよ、なんて話をして」

瀬田「それがきっかけで生まれたのが、第10話の『もぎりさん、さようなら』ですね。古いチケットを持って劇場にやってくる女の子のお話です」

―― 長編が観たいという声もあるという。

片桐「今日のような一挙上映で観るのは、それはそれでおもしろさはあると思いました。でも、『もぎりさん』は4コマ漫画のようなもの。10分くらいになってもいいかなとは思うけれど、基本的には、そこは考えずにこのままの形でずっとやっていけたらなぁと思っています」

写真

―― 監督が考える『もぎりさん』の魅力について聞いた。

鈴木「はいりさんがもぎりをやっているというのは知られていることですが、それが映画になって映画館で上映されていることってちょっとおかしいですよね。映画の前にはいりさんが出てきて、その映像を観るだけで気持ちがやわらぐ、ほっこりできるという魅力があると思います」

瀬田「キネカ大森で、チケットをもぎって働く、もぎりさんの日常という、どちらかというと、地味な設定ですが、逆にとても自由で、些細なことがもぎりさんを通すと、すごくスリリングに見えるのが、魅力だと思います。それと、映画館に来た人が、普段は気にしない、上映する側についても、興味を持ってもらえたら」

鈴木「単に、映画館っていいところですよね~っていうCMではなくて、各監督がやりたいことを尊重してもらいつつ作らせてもらっているので、ショートフィルムとしても味わい深いです。そしてなんといっても、はいりさんありき。アイコン的存在は欠かせません」

瀬田「はいりさんは存在そのものが魅力的ですしおもしろくて。動きなども、次々に提案してくださって、次に何をするのか想像つかないんです。さらに、シナリオの打ち合わせにも、ロケハンにも、参加してくれるのが、本作の特徴です。はいりさんであり、はいりさんではない、もぎりさんという役を、はいりさんに相談しながら、みんなで一緒に作っていくという」

写真

―― 片桐はもぎりさんを演じるうえで、役作りなど具体的なことは考えないようにしているという。

片桐「モデルは私なので、役作りとかはないんです。家でメイクしてこのままの服装で劇場に来るので。もちろんセリフは覚えなければいけないのですが、もぎりさんは朝何を食べているのかとか、何が好きなのかとか、具体的なことは考えないようにしています。前作の大九(明子)監督とは、もしかしたらもぎりさん自体がこの世の人ではないのかもという話をしたこともありました。もぎりさんだけ、制服を着ているというのも何か意味があるのかも、とか。私がモデルだけど、私本人ではない。ちょっと不思議な感じですね」

―― 三人が映画好きになったきっかけについて聞いた。

片桐「親に連れて行ってもらったのはディズニー作品。学校で『星の王子さま』を観る会もありました。でも自分の意思で初めて行った映画は中学一年の時の『ジョーズ』です。それから大学に入るまで怖くて海に入れませんでした(笑)」

鈴木「僕は『E.T.』です。最初はやっぱりベタですけど、今は名作になっている作品ってすごく流行ったものだったりしますよね」

瀬田「監督っぽくないと言われるのですが、やっぱり最初の記憶は『ドラえもん』です」

片桐「いいじゃない『ドラえもん』。子供向けの映画ってパワーが違う。『アンパンマン』とかもすごいもの。子供の観たい!というエネルギーが伝わってくるというか。上映後のポップコーンの散らばり方を見て、凄さを感じずにはいられません」

―― 本作の楽しみ方のアドバイスを!

鈴木「最初はフラットに観て、ストーリーを楽しんでほしいです。そこから、監督は誰かな、他にどんな作品を作っているのかなと、もぎりさんを通して興味を持ってもらえたら嬉しいです。もちろん、役者さんも。わかりやすくポップな『もぎりさん』という作品で、映画っていいなっていうのを少しでも感じてほしいと思います」

瀬田「映画館に来たら『もぎりさん』が、予告に混じって不意打ちのように観れる。ちょっとした、おまけのような感じで楽しんでほしいです。他の映画館やDVDでは見られない、映画館だけのおまけって素敵だと思います」

片桐「もぎりという仕事や存在を知らない人が多く、風前の灯のような存在でもあります。頼まれてもいないのに、私の矜持としてトークショー前に必ずもぎりをやるのですが、もぎりをしてお客様と上映前に触れ合うことにより、どんな方が観に来ているのか、どういう映画が好きなのか、そんなことがなんとなくわかるんですよね。アナログだけどそういう触れ合いが楽しいんです」

鈴木「そうそう。映画館はどんどん効率が良くなっていて。ネットで予約ができてとても便利ではあるのですが、対面してもぎる、この無駄なことかもしれないけど映画的なことではあると思うんです」

写真

片桐「便利なものが主流になったとしても、残してほしいとは思っています。失くす必要はないかなと。これはこれ、それはそれで取っておいて!という気持ちです。私個人的には、もぎりや昔ながらの映画館は、生きている間は置いておいてもらいたいです」

瀬田「スタッフ、キャストもそういう想いを持った人たちが集まっている作品なので、本当に現場が楽しいんです」

片桐「完全に部活です(笑)」

瀬田「みんな映画が本当に大好きで、効率とか気にせず、妥協とかしない人たちですから」

片桐「部活を通して、“またやるの?”なんて前の監督が遊びに来てくれる、『もぎりさん』ってそんな作品です。そういう“会”を、どんどんやっていきたいと思っています」

鈴木「僕らが作っていて楽しいということが、観ている人に伝わることを信じたいと思っています」


Writing:タナカシノブ

インフォメーション

写真

キネカ大森先付ショートムービー

『もぎりさん session2』

キネカ大森にて先行上映後、テアトル系劇場などでも公開予定


映画と映画館と映画好きな人々の素敵な関係を描きつつ、キネカに限らず「街の小さな映画館が元気になるように!」と願いを込めた作品で、映画予告後、本編前に観ることのできる約2分のショートムービー。

監督:鈴木太一(第 7 話~第9話)、瀬田なつき(第 10 話~第 12 話)
出演:片桐はいり、佐津川愛美、川瀬陽太
ゲスト出演:(出演順)今野浩喜、日南響子、岩井ジョニ男、唐田えりか、萩原みのり

▼詳細
https://ttcg.jp/cineka_omori/

■シネマイクスピアリにて『片桐はいりの出張もぎりショウ vol.4』開催決定!
日程:9月21日(土)14:00開演(開場13:40)
会場:シネマイクスピアリ
内容/タイムスケジュール:
 13:40~14:00 片桐はいりによるチケットもぎり(開場時間中)
 14:00~15:20 トークライブ+『もぎりさん』<session1>全6話一挙上映
 15:20~ 著書「もぎりよ今夜も有難う」即売サイン会
料金:¥1,800均一(大人~幼児まで)
チケット発売中!
▼詳細
https://www.ikspiari.com/cinema/special/mogirishow2019/

■『仙台短篇映画祭2019』にて『もぎりさん』全6話上映&片桐はいりトークイベント開催決定!
日程:9月14日(土)16:00~17:15
会場:せんだいメディアテーク 7Fスタジオシアター
料金:¥1,000
チケット発売中!
▼詳細
http://www.shortpiece.com/


第1話WEB限定配信中!

pagetop

page top