shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

林遣都 正月時代劇「家康、江戸を建てる」会見!

林遣都出演 正月時代劇「家康、江戸を建てる」の会見が、12/7(金)NHK放送センターで行われ、共演者らと共に林が出席した。

同作は、荒れ果てた寒村に「大都市・江戸」を立ち上げた、「ドリーマー徳川家康」と、家康の夢に人生を賭けた熱き「無名の男たち」の感動作。
直木賞作家・門井慶喜氏の歴史小説初のドラマ化であり、NHK初の2夜連続で放送する正月時代劇。オリンピックを控える東京の前身・江戸誕生の物語が描かれる。
前編「水を制す」は、現在の井之頭池から江戸城まで上水をひき、江戸中の人がうまい水を飲めるようにした男たちの物語。後編「金貨の町」は、世界で初めて、装飾品ではなく流通する金貨である小判を生み出し、経済都市・江戸を礎を作った男たちの物語。
脚本は、「働く男たち」を描けば当代随一の人気脚本家・八津弘幸氏(「半沢直樹」「陸王」など執筆)が担当する。

林は、後編「金貨の町」で中越与一郎を演じる。主人公の橋本庄三郎と共に金貨作りの主要メンバーとなるが、ある事件を起こす…という役どころだ。

会見にて林は、「時代劇に出演させていただくのは2回目なのでドキドキしていたのですが、(後編の監督を務めた)一色隆司監督がやりがいを与えてくださって、柄本佑さんが演じる庄三郎の周りをちょろちょろしている役どころだったので、伸び伸びとお芝居をやらせていただきました。(撮影時は)猛暑だったのですが、その暑さを忘れてしまうぐらい楽しく濃密な時間でした。市村正親さんをはじめ、吉田鋼太郎さんなど大先輩方と時代劇をやれたことは得るものがたくさんありましたし、本当に良い時間でした。」とコメント。

撮影を通して今の東京の見方が変わったか問われると、「江戸という場所が、ここまで廃れているところから始まったというのは驚きでした。今の東京の地図と江戸時代の地図が出てくる携帯アプリの話になったり、そういったことに興味を持ちました。」と話した。

柄本佑さんとの共演については、「佑さんとはずっとお会いしてみたくて、今回ご一緒させていただいて嬉しかったです。一対一でお芝居している時にハッとさせられる瞬間が山ほどあって、もっともっと学ばなきゃと痛感しました。」と語った。

正月時代劇「家康、江戸を建てる」は、2019/1/2(水)、1/3(木)21:00~NHK総合で2夜連続放送。[BS4Kは1/1(火)、1/2(水)19:00~放送]
※林は1/3(木)放送の後編「金貨の町」にのみ出演します。
ぜひご期待ください。
  • Tweet
  • シェア
  • はてなブックマーク

pagetop

page top
www.pharmacy24.com.ua