shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

本仮屋ユイカ 舞台「みみばしる」フォトコール&囲み取材会!

本仮屋ユイカ主演舞台、ゴジゲン10周年記念公演「みみばしる」のフォトコール&囲み取材会が2/7(木)下北沢・本多劇場にて行われた。

同作は、開局30周年のJ-WAVEと、創立10周年の松居大悟氏率いる劇団ゴジゲンによる、ラジオと舞台の境界線を越えたコラボレートプロジェクト。松居氏がナビゲーターを務めるJ-WAVEの番組『JUMP OVER』を“稽古場ラジオ”と題し、リスナーの声を創作に反映させたり、舞台作品のロゴマーク選定からオーディション、デザイン打ちなど、普段は参加することの叶わない舞台制作の過程を公開しながら、リスナーと共に本多劇場のステージを目指すというチャレンジが行われてきた。
作・演出は、ドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズのメイン監督など数多くの作品を世に送り出してきた松居氏が手掛け、音楽監督は『JUMP OVER』のオリジナルテーマ曲も担当し、俳優やアーティストにも人気の高いシンガーソングライターの石崎ひゅーい氏が務める。

30歳になった途端会社をクビになった妙子は、なんとなく劇団の手伝いを始める。自分は誰にも必要とされていないのではないかと思う日々の中、妹の影響でラジオを聴き始める。音楽と共に、リスナーから送られてくる愚痴や悲しみを全力で励ましてくれるラジオに妙子はのめり込み、メッセージを投稿するようになるのだがー。

本仮屋は、主人公・妙子を演じる。

同作が舞台初主演となる本仮屋は、「主演ではあるのですが、あまりそこにピンと来ていなくて。たまたま私のセリフが多かったり、出ている時間が長い役割なだけで全てのキャストが主役なんです。それくらい1人1人が熱くて輝いていて、重要な使命を持って舞台に立っているというのをひしひしと感じていますし、熱くなることは悪いことでも恥ずかしいことでもないんだなと思いました。お仕事だからとかではなく、みんながどうしたらより良いものを作れるのかという一点だけに集中しながら毎日進んでいく姿を見て、その中に参加出来ていることが本当に幸せです。」とコメント。

また、「ひゅーいさんの作ってくれた音楽を(歌・演奏の)ワタナベシンゴさんが奏でて、その音楽が流れながら芝居をするというのが普段とは違う感覚ですし、自分の感情や相手のセリフもありながら音も聴こえるので、より背中を押してもらって気持ちを上げていただいています。あとは、(オーディションで選ばれた)初舞台の方がとても多くて、リスナーという自分自身を体現して舞台に立ってくれている子達はただそこに”本物”として存在しているので、その存在感に引っ張ってもらいながら、ただただこのチームでいられる幸せをかみ締めています。」と続けた。

最後にこれからご来場いただくお客様へ向けて、「この物語に出てくる登場人物は、ラジオが大好きでラジオが無いと生きていけない人達ですが、ラジオを聴いたことがない方も、自分の生活の中でこれが無いと嫌だなという大切にしているものがあると思います。ですので、今回はラジオがテーマになっていますが、そういった意味では全ての方の物語だと思いますし、空気を読まなければいけないとか、変なことを言ってはいけないという何となくいろいろなものを察しながら生活をする窮屈な雰囲気が漂っている中で、妙子にもそういう葛藤があってその部分をご自身に重ね合わすことができたり、さらに妙子が様々なことを乗り越えていく姿を見て皆さんも一緒に乗り越えたような爽快感を感じていただけると思います。ぜひご自身の物語としてご覧になっていただきたいです。劇場に足を運んでいただけたら幸いです。」とメッセージを送った。

ゴジゲン10周年記念公演「みみばしる」は、2/17(日)まで下北沢・本多劇場にて、2/23(土)~24(日)久留米座、3/1(金)~3/3(日)近鉄アート館にて上演される。
ぜひ劇場にてお楽しみください!

■公式サイト
https://mimibashiru.com/
  • Tweet
  • シェア
  • はてなブックマーク

pagetop

page top