shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

葵わかな ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」会見!

葵わかな出演、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の会見が2/20(水)東京国際フォーラムで行われ、葵が出席した。

シェイクスピアの不朽の名作「ロミオとジュリエット」をジェラール・プレスギュルヴィックの情熱的でロマンチックな音楽によりミュージカル化し、2001年フランス・パリにて初演を迎えた同作は、世界中で上演され、500万人以上を動員、CD/DVDの総売り上げが700万枚以上という傑作ミュージカル。
この世界的大ヒットミュージカルを日本では 2010年に宝塚歌劇団星組で初演。その後、雪組・月組で相次いで上演され、宝塚歌劇団においても大ヒット作品となった。さらに、2011年秋には日本ミュージカル界を牽引する演出家・小池修一郎氏により、日本オリジナルバージョンとして上演、2013年にも再演されるなど計16万人を動員した後、2017年1月には、振付・美術・衣裳などを一新した新演出版として、世界に燃え上がるひとすじの恋と情熱をパワフルなパフォーマンスで描き出し、大好評を博した。

そして2019年、待望の再演が決定。
葵は同作のヒロイン・ジュリエット役で、初舞台・初のミュージカル出演を果たす。

会見にて葵は、「再演ではありますが、私としては初舞台・初ミュージカルなのですごく緊張しています。稽古場では同じジュリエット役のお二人(木下晴香さん、生田絵梨花さん)にとてもお世話になりましたし、出演される皆さんの歌やお芝居などの動きを見て日々発見ばかりで刺激的な毎日でした。それを舞台に還元してお客様に届けられるように、公演期間中精一杯頑張っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。」とコメント。

さらに、「今までと同じだと思うところがなかったくらい全てが違っていました。同じ役が他にいらっしゃることもなかったですし、前にやったお話を再びやることもない。稽古場の雰囲気とか、小池先生がいらっしゃって皆さんがいらっしゃる構図もすごく新鮮で、私としては新たなことでした。」とこれまでの稽古を振り返った。

葵演じるジュリエットのトリプルキャスト、木下さんと生田さんについて、「とても仲良くしていただいて、私が初めてだったこともあり立ち位置のことから稽古場や劇場に何を持っていったらいいかなど、お二人に教えていただきました。あと、3人でご飯にも行っていろいろな話をしました。」と笑顔で話した。

また、ロミオを演じられる古川雄大さん、大野拓朗さんの違いを、「お芝居の感覚として雄大さんのロミオは“攻めロミオ”で、拓朗さんのロミオは“受けロミオ”。大野さんは何をしても受け止めてくださる印象があるので、大野さんが驚くことをしたくて“かましていこう!”という気持ち、雄大さんとお芝居をする時は、何が来ても返そうと思って“どんとこい!”みたいな気持ちでやっています(笑)。」と話すと大野さんから“歌の時に驚いたらブレるからやめてね”と言われ、会場が笑いに包まれた。

ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」は、2/23(土)~3/10(日)東京・東京国際フォーラムホールC、3/22(金)~24(日)愛知・刈谷市総合文化センター、3/30(土)~4/14(日)大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください!

★“200回スペシャルバージョン”大阪追加公演チケット先行予約受付中!
日程:4月12日(金)開演18:45
劇場:梅田芸術劇場メインホール
Online10 WEBチケット先行受付期間:2/26(火)18:00まで
お申込み&詳細はこちら>>>
  • Tweet
  • シェア
  • はてなブックマーク

pagetop

page top