shadow

prev

next

ニュースNEWS

CM

中川大志 「おしゃれをして、ダービーにいこう!第86回 日本ダービーPRイベント」に出席!

中川大志が5/20(月)都内で行われた「おしゃれをして、ダービーにいこう!第86回 日本ダービーPRイベント」に、中川と同様、2019年JRA年間プロモーションキャラクターを務める葵わかなと共に出席した。

日本ダービーは3歳馬の頂点を決める特別なレースで、その特別なレースをより特別な気分で楽しむべく、2017年より来場者へ「ダービーリボン」をプレゼント。「ダービーリボン」は全8色(競馬の枠色である白・黒・赤・青・黄・緑・橙・桃)あり、ダービーのTV CMにも登場している。今年はこの「ダービーリボン」を事前に配布するイベントを5/21(火)~25(土)の5日間、ZeroBase表参道にて開催。会場ではカラー診断の専門家・三輪詩織さんの監修に基づき、自身の肌のトーンに合う色やカラーの「ダービーリボン」がプレゼントされる。

この日のイベントで中川は“ダービーに行くファッション”をテーマにセレクトした衣装で登場。ファッションポイントを、「デニム素材のスーツで、シャツはブルーで夏らしい感じになっています。形はシュッとしていてキレイな感じですが、素材でカジュアルさを出してみました。」と話すと葵から“ジーンズ生地ってことは、動きやすいんですか?”と質問され、「すごく動きやすいです。なので体を使って応援もできます。」と笑顔を見せた。

普段のファッションについても聞かれ、「基本的には楽な格好が好きで、夏は靴をはかずにサンダルぱっかりです。現場に行って着替えるということもあって、脱ぎ着が楽なものが多いです。」と答えた。

また、目的や場所、会う人に合わせてファッションを変えるか?と質問され、「僕はわりと形から入りたいタイプ。趣味がアウトドアでキャンプに行ったり釣りをしたりするので特化したウエアや靴など…。形だけは一丁前で、やってみたら初心者みたいなことはよくあります(笑)。でもそれで気合いが入って、結果にもつながっていると思います。」と話した。

現在20歳の中川だが、20歳になって初めて経験した中で印象に残っていることは?という質問に、「今までいろいろな契約をする時に親に一緒に行ってもらってやっていましたが、自分一人で契約書にサインしている時に、大人になったんだなと実感しました。これからはより責任を持たないといけないと思いました。」と話すと共に、新元号・令和を20歳で迎え新たに挑戦したいことを、「船の免許を取りたいです。釣りが趣味なので、自分で船に乗って行けたらとても楽しいだろうという憧れがあって、挑戦してみたいです。まだ他の人が釣ったことのないポイントを探ってみたい。免許とか資格はお仕事にも役立ちますし、いろいろと取りたいものがあります。大型車の免許を取って自分でロケバスを運転したら面白いなとか考えています。」と目を輝かせた。

その後、中川と葵が「ダービーリボンカラー診断」を体験。“青”と診断され中川は、「確かに、今日のファッションと合いますね。僕は優柔不断なので決めてもらえるのは嬉しいですし楽しかったです。」と笑顔で話した。

そして最後に、「本日はありがとうございました。いよいよ日本ダービーが始まります。“おしゃれをして、ダービーにいこう!”ということで、競馬場に行く別の楽しみ方が増えることでレースを見る気分やテンションがより高まると思います。ファッションも合わせて楽しんでいただければ、さらに盛り上がるダービーになると思います。よろしくお願いします。」とPRした。
  • Tweet
  • シェア
  • はてなブックマーク

pagetop

page top