shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

大熊理樹 映画「僕はイエス様が嫌い」初日舞台挨拶!

大熊理樹出演映画「僕はイエス様が嫌い」が5/31(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ 日比谷で行われた舞台挨拶に大熊が登壇した。

同作は、奥山大史監督が脚本、撮影、編集も担当して手がけた長編初監督作。カンヌ・ベルリン・ベネチアに続いて権威のある国際映画祭とされるスペインのサンセバスチャン国際映画祭(第66回)にて最優秀新人監督賞、スウェーデンのストックホルム国際映画祭(第29回)において最優秀撮影賞、中国のマカオ国際映画祭(第3回)ではスペシャル・メンションを受賞し、フランス・スペイン・韓国では既に劇場公開が決定している話題作だ。

祖母と一緒に暮らすために、東京から雪深い地方のミッション系の小学校へ転校することになった少年ユラ。日々の礼拝に戸惑うユラの前に現れたのは、小さな小さなイエス様だった。他の人には見えないけれど、願い事を必ず叶えてくれるイエス様を信じ始めたころ、ユラに大きな試練が降りかかる…。

大熊は、ユラの同級生・カズマを演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて大熊は、同作について、「奥山大史監督はすごく優しくてイケメンで、教え方も上手なので、僕は素の演技が出来て、良い作品になったんじゃないかなと思います。」とコメント。

撮影を経て自身に変化はあったか?という質問に、「この映画を通して、友情の素晴らしさや大切なことが身にしみました。」と振り返った。

また、カズマのお母さんを演じた佐伯日菜子さんと共演した感想を、「すごく優しくて、こんなお母さんだったらいいなと思います。」と話し、笑顔を見せた。

映画「僕はイエス様が嫌い」は、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国順次ロードショー。
ぜひ劇場でご覧ください。

pagetop

page top