shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「さよならくちびる」初日舞台挨拶!

小松菜奈W主演映画「さよならくちびる」が5/31(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ新宿で行われた舞台挨拶に小松が登壇した。

同作は、『月光の囁き』『害虫』から『どろろ』『抱きしめたい-真実の物語-』など数々の大ヒット作品、国際映画祭出品作を作ってきた塩田明彦監督が自らのオリジナル脚本をベースにキャリア初の“音楽映画”に挑戦した、“音楽”ロードムービー。劇中で“ハルレオ”が披露する同作の主題歌『さよならくちびる』の作詞・作曲・プロデュースを秦基博さんが、挿入歌『誰にだって訳がある』、『たちまち嵐』の作詞・作曲をあいみょんさんが手がけている。

インディーズの音楽シーンでにわかに話題になっただけの2人組デュオ“ハルレオ”。お互いそれぞれの道に歩み出す為解散を決めたレオ(小松)とハル(門脇麦さん)は、二人を支える付き人のシマ(成田凌さん)と、解散ツアーとして全国を巡ることに。しかし、レオはシマに恋を、シマはハルに思いを寄せ、そしてハルもまたレオに友情を越えた感情を抱いていた――。
「ずっとこのままでいたい…」「このままではいられない・・」。複雑な思いを抱えながら、各地でステージを重ねる“ハルレオ”。もつれた糸のように絡まりあう3人の行方とは――。

小松はハルに誘われ音楽を始めるレオを演じている。
レオはハルに憧れておりハルの自分への気持ちにもシマのハルへの気持ちにも気づいているが、シマを好きになってしまう、という役どころ。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した小松は、「このお話をいただいてから、ギターと歌を日々練習してきて、“成立するのかな、大丈夫かな”と不安なこともあったのですが、3人(門脇さん、成田さん、小松)でいる楽しい時間や、地方をまわる幸せな日々があって、こうして初日を迎えられることが素直に嬉しいです。今日は短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

撮影で印象に残っていることを聞かれると、「北海道での最後のライブシーンの空き時間に、3人が揃って、リラックスした状態でギターを弾いて、歌ったときはすごく感動しました。最初の頃は何も出来なかったので、すごく嬉しかったというか、頑張ってきて良かったなと純粋に思いました。」と明かした。

ライブシーンも印象的だったといい、「舞台からお客さんの顔がよく見えるので、リアルな反応が見られて、アーティストさんはこんな気持ちなのだなと思いました。」と語った。

そして最後に、「秦基博さんとあいみょんさんが、台本を読んで一から書いていただいた曲は素晴らしくて、最初に聴いたときの感動は忘れられません。何度聴いても良い曲ですし、その曲があってハル・レオ・シマがいます。何度観てもいろいろな方向から観ていただけると思いますし、年齢によっても感じ方は全然違うと思います。淡々としている話の中に、3人のリアルな感情や愛しい姿があって、前向きになれる映画だと思いますので、気に入っていただけたら嬉しいです。また何回も観てください。よろしくお願いします。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「さよならくちびる」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

pagetop

page top