shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 映画「Diner ダイナー」ジャパンプレミア!

窪田正孝出演映画「Diner ダイナー」のジャパンプレミアが6/6(木)東京国際フォーラムにて行われ、監督・キャストと共に窪田が登壇した。

同作は、映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)を、蜷川実花監督により実写映画化。店主も、客も、全員殺し屋のダイナー<食堂>を舞台に繰り広げられる、本能を極限まで刺激するノンストップエンターテイメントとなっている。

ようこそ、殺し屋専用の食堂<ダイナー>へ――
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂<ダイナー>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒までが俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてダイナーに売られてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

窪田は、全身が凄まじい傷跡で覆われている凄腕の殺し屋・スキンを演じる。
傷だらけの容姿は、他の殺し屋達から「雑巾男」などと揶揄されるが、傷の奥には端正な顔立ちを持つ。ボンベロとは古い仲で、食堂(ダイナー)での振る舞いは基本紳士的。辛い境遇のカナコに同情し食堂(ダイナー)から救い出そうとするが、実はボンベロしか知らない大きな秘密を抱えている。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した窪田は、「皆さん、今日は32度を超える中、お集りいただきましてありがとうございます。今まで観たことないような、新感覚の映画が出来ました。ぜひ楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

撮影中、印象に残っていることについて、「ダイナーの世界観に居られたことはもちろん、3人(藤原竜也さん、玉城ティナさん、窪田)でいるときがすごく幸せでした。」と笑顔を見せた。

映画「Diner ダイナー」は、7/5(金)公開。
ぜひ劇場でご覧ください!

pagetop

page top