shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森川葵 映画「耳を腐らせるほどの愛」初日舞台挨拶!

森川葵出演映画「耳を腐らせるほどの愛」が6/14(土)公開初日を迎え、シネ・リーブル池袋で行われた舞台挨拶に登壇した。

同作は、若者たちに絶大な人気を誇る実力派お笑いコンビNON STYLEの石田明さんが脚本を手掛けたミステリー・コメディ。石田さんが得意とする緻密に計算し尽くされた漫才のネタ同様、会話劇の妙やクセのある登場人物たちを複雑に絡み合わせ、次々と波乱が巻き起こる怒涛の展開と驚きの結末で、今までにない笑いのミステリーを描いた作品となっている。

無人島のリゾートホテルで男の死体が発見された。死んでいたのは「たとえ話サークル」の合宿で島にやって来た部長の鈴木鈴吉(井上裕介)。死体には何者かにガラス製の大きな灰皿で殴打された痕跡があった。警察を呼ぼうとするも、携帯の電波も入らない場所であり、ホテルの電話線も何者かによって全て切られていた。偶然ホテルに居合わせた探偵の真壁(八嶋智人)は、宿泊客の誰かが鈴木を殺害したと見て、助手の納冨(菅原永二)とともに捜査を開始する。ホテルには、鈴木とともにサークルで来ていた倉敷純一(黒羽麻璃央)と葉山瑠奈(森川)、福山朱音(山谷花純)、小倉由愛(信江勇)の3人の女性、自殺のために来た白木みどり(長井短)、謎の男の黒柳哲(小木茂光)、鈴木の彼女と言う豊橋千秋(MEGUMI)、そして管理人の出口誠二(村田秀亮)といった面々。真壁の事情聴取から、鈴木がサークルの女子たちと複雑な関係であったことが判明し、他の宿泊者にも知られざる事実が明らかになって行く。果たして犯人は誰なのか?鈴木の死の真相とは?

森川は、たとえ話サークルのメンバー・葉山瑠奈を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した森川は、「撮影から長い月日でしたが、公開できてとてもうれしく思います。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

撮影を振り返り、主演を務めた井上さんが“死んでいればお金がもらえると言われたので、台本を読んでいかなかった”というエピソードを披露すると、森川は「静かそうに見えるけど、急にベラベラしゃべることが多かったので、私は台本をきちんと読んで、覚えて、臨みました。」と応戦し、会場は笑いに。さらに、八嶋さんとの共演シーンを振り返り、「台詞というか、アドリブというか、常にしゃべっていらして、頭の回転力が違うなと思いました。私は静かで大人しい役柄だったので、笑わないようにするのが大変でした(笑)」と明かした。

最後に、「私は、時間があるといろいろなことを考えすぎてしまうのですが、考えれば考えるほど、人生の本質が見えなくなってしまうなと思っていて。そんなときにこの映画を観ると“もっと気楽に生きてていいや”と思えて、それぐらいの気持ちで生きていたほうが、本当のことが見えてくるんじゃないかと思うんです。だから気楽な気持ちで観ていただいて、“何だったんだろう、あれ。まぁいいか!”みたいな気持ちになってもらって、心を軽くして帰ってもらえたらと思います。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「耳を腐らせるほどの愛」は、6/14(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)

pagetop

page top