shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柳楽優弥 映画「ザ・ファブル」公開記念舞台挨拶!

柳楽優弥出演映画「ザ・ファブル」が6/21(金)公開初日を迎え、翌22日(土)丸の内ピカデリーで行われた舞台挨拶に柳楽が登壇した。

同作は、「週刊ヤングマガジン」に連載中で単行本累計部数400万部を突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞し、今、一番面白い作品と呼び声が高い同名コミックの実写映画化。
監督は、CM界の巨匠で、カンヌをはじめ数々の広告祭の受賞歴があり、広告界でトップを走り続けると共に、映画やドラマも手掛ける江口カン、さらに、『20世紀少年』シリーズや『GANTZ』、『進撃の巨人』など、スケール感があるエンタテインメント作品を描かせたら随一の渡辺雄介が脚本を手掛ける。

どんな相手でも6秒以内に殺す―。“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会では誰もが「伝説」と恐れる存在だった。
しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ファブルは、“佐藤アキラ”という偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般社会として街に溶け込む生活を始める。
インコを飼ったり、バイトをしたり…。
殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!
【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか…?!

柳楽は裏社会の組織・真黒カンパニー所属、刑務所から出所したばかりのアドレナリン全開デンジャラスメーカー、小島を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて柳楽は、「皆さん、本日はありがとうございます。岡田さん主演のアクション作品に参加させていただき、最高でした。ありがとうございました。」と挨拶。

この日のイベントでは、ファブルがプロの普通を目指す一方で、普通じゃないキャラクターが登場する同作にちなみ、普通じゃない共演者や撮影現場でのエピソードを披露。岡田さんから“柳楽君は役柄も普通じゃない”、山本さんからも“柳楽さんの役は激しいのにカットがかかった瞬間に優しくなる。切り替えがすごい”、さらに岡田さんから“耳にナイフを突きつけられるシーンで、カットがかかると「大丈夫ですか?」「当たってないですか?」ってすごく優しかった”と言われ、「ありがとうございます。これからも優しくいきたいと思います。」と満面の笑みで話した。

また柳楽は同様の質問に、「准一さんです。15m位の高さのあるところで縛られているのを助けられるシーンで、准一さんはスタントさんを使わずに演じられるので僕もスタントさんを使えないじゃないですか。本当に怖くて、“准一さんがやらなければ僕もやらないで済むのに…”と思って。でも、そこがすごいなと思いました。准一さんに謝って、スタッフさんのシーバーを取って“やりたくないです!”って言いました。」と話すと岡田さんは“僕もできればやってもらいたかった(笑)。当たり前のように上げられたんです”と告白し、そのやり取りに笑いが起こっていた。

映画「ザ・ファブル」は、現在絶賛公開中。
ぜひ劇場でお楽しみください!

(敬称略)

pagetop

page top