shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 映画「Diner ダイナー」初日舞台挨拶!

窪田正孝出演映画「Diner ダイナー」が7/5(金)公開初日を迎え、丸の内ピカデリーで行われた舞台挨拶に窪田が登壇した。

同作は、映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)を、蜷川実花監督により実写映画化。店主も、客も、全員殺し屋のダイナー<食堂>を舞台に、本能を極限まで刺激するノンストップエンターテイメントとなっており、6月に実施されたジャパンプレミアで一足早く本作を鑑賞した方々から、「豪華キャストで控えめに言っても最高な作品!個性豊かな殺し屋たちに終始圧倒されっぱなし!」「超ドSな藤原竜也(ボンベロ)さんだけでもコース料理の最後に近いのに、続々とキャラの濃い殺し屋たちが出てきて最初から最後までメインディッシュみたいな映画でした」「豪華キャストを1人も無駄にしない。考えられた配役にして演劇的、殺陣も見事!」など絶賛の声が届いている。

ようこそ、殺し屋専用の食堂<ダイナー>へ――
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂<ダイナー>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒までが俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてダイナーに売られてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

窪田は、全身が凄まじい傷跡で覆われている凄腕の殺し屋・スキンを演じている。傷だらけの容姿は、他の殺し屋達から「雑巾男」などと揶揄されるが、傷の奥には端正な顔立ちを持つ。ボンベロとは古い仲で、食堂(ダイナー)での振る舞いは基本紳士的。辛い境遇のカナコに同情し食堂(ダイナー)から救い出そうとするが、実はボンベロしか知らない大きな秘密を抱えている。

この日の舞台挨拶では、初日だからこそ互いに話せること、聞きたいことを発表することに―。窪田は、「武田(真治)さんがスペイン語を話されて、あれはどのくらい練習されたんですか?」と質問。武田さんが“監修の方がお話しされている動画を見て、6回位…”と答えると、「さらっと喋られていたので、結構練習されたのかと思っていました。」と話し、すると武田さんが“ありがとう。でも現場で聞いてくれれば良かったのに
(笑)”とツッコみ、会場が笑いに包まれた。

その後、ぶっ飛んでいる作品にちなみ、七夕を目前に“ここでしか言えない(?!)ぶっ飛んだ願い事”を披露。窪田は『ダイナー世界へ』と短冊に記し、「この作品は、日本映画はすごいと世界に言える映画だと思うので、叶ってほしいです!」と力を込めた。

映画「Diner ダイナー」は、絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

pagetop

page top