shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

岡田将生 舞台「ブラッケン・ムーア ~荒地の亡霊~」初日前日囲み取材!

岡田将生主演舞台「ブラッケン・ムーア ~荒地の亡霊~」の初日前日囲み取材が8/1(木)北千住シアター1010で行われ、共演の木村多江さん、益岡徹さんと共に岡田が出席した。

同作は、“自分らしく生きること”をテーマに、イギリス演劇界で躍進を遂げる劇作家、アレクシ・ケイ・キャンベルが手掛けるサスペンスドラマ。
物語は10年前に事故で息子を亡くした夫婦のもとに、かつて息子の親友だった青年とその父母が訪れるところから始まり、その晩から青年は息子の亡霊に憑りつかれ毎晩うなされるように―。サスペンスタッチに物語が展開しつつも、最後に意外などんでん返しが待ち受ける、親子愛・夫婦愛の真実を描いたウェルメイドな戯曲となっている。

岡田は、同作の主人公、テレンス・エイブリーを演じる。

囲み会見で岡田は、「皆さんと台本の解釈が深まった状態で1ヶ月みっちり稽古をすることができました。自信を持ってこの作品の良さを届けられると思っています。」とコメント。

自身の役について、「木村さんが演じられるエリザベスと益岡さんが演じられるハロルドの息子・エドガーの10年来の親友。子供の頃、エドガーと付き合いがあったことによってお二人(エリザベスとハロルド)の家にいくことになります。そこでエドガーの幽霊が僕に憑りついて、いろいろなことをお二人に伝えていく役柄です。役作りとして、子供をいっぱい見ました。10歳くらいの子供の動きとか喋り方、声の高さを研究して臨ませていただきました。」と話すと共に演じる上で苦労した点を、「一番最後に益岡さんに、なぜココに来て、なぜ憑りつかれたのかを伝えるシーンがあって、長い時間をかけて言葉で伝えるのですが、ずっと喋っているのでとても大変です。でも見どころでもあり、いろいろなことが回収されていくところなので、一生懸命やりたいと思っています。」と意気込んだ。

木村さんと益岡さんとは舞台初共演となる岡田だが、「今回の芝居はセリフがとても大切でお二人は膨大なセリフがあるのですが、その全てがダイレクトに心に響くんです。会話のキャッチボールというものを勉強させていただいています。現場の雰囲気はとても穏やかです。皆さんとても自由な方たちなので気を遣わず、お芝居に集中できるカンパニーだと思います。」と笑顔を見せた。

2013年にロンドンで初演を迎え、その後、再演を続けている同作。日本では今回が初演となるが、初演作を演じることについて、「いろいろ考えてしまうとプレッシャーになってしまうので意識しないようにしています。演出家の上村(聡史)さんについて行こう、演劇というものを教えていただきたいという気持ちで臨んでいます。」と心境を語った。

そして最後に、「“愛”と“喪失”と“再生”という3つテーマを軸に動いていく物語です。言葉の力を皆さんの耳に、脳に届けたいと思っています。ぜひお時間のある方は舞台に足を運んでいただけたら嬉しいです。僕にとって舞台はいろいろなことを学べる場所。1ヶ月学んできたことを100%でお客さんに届けたいです。ぜひよろしくお願いします。」とメッセージを送った。

舞台「ブラッケン・ムーア ~荒地の亡霊~」は、8/2(金)北千住シアター1010を皮切りに、長野、愛知、静岡、東京、大阪にて上演。
家族の深い悲しみと再生を描く感動の物語、そして彼らに待ち受ける驚愕の結末にぜひご期待ください!

■「ブラッケン・ムーア ~荒地の亡霊~」

【ストーリー】
1937年、イギリス・ヨークシャー州。裕福な炭鉱主のハロルド・プリチャード(益岡徹)の元に、ある日エイブリー一家が訪ねてくる。かつては家族同士で仲良くしていたのだが、10年前にハロルドの一人息子・エドガー(当時12才)が、ブラッケン・ムーアという荒野の廃抗に落ちて亡くなった事故をきっかけに疎遠になっていた。それ以来、エドガーの母親・エリザベス(木村多江)は家の中でふさぎ込んでおり、彼女を励ますためにエイブリー一家はプリチャード家に数日、滞在する予定だった。エリザベスはエドガーの親友であったエイブリーの一人息子、テレンス(岡田将生)と再会すると、亡き息子への思いを溢れんばかりに話し出した。
しかしその日から毎晩、うなされたテレンスの恐ろしい叫び声が、屋敷中にこだまするようになる。テレンスはエドガーの霊が憑依し、何かを伝えようとささやいてくると言う。やがてエドガーの霊に憑りつかれたテレンスは、事故現場であるブラッケン・ムーアに向かう。そして事故当時の知られざる真実が、少しずつ明らかになっていく――。

【作】アレクシ・ケイ・キャンベル
【翻訳】広田敦郎
【演出】上村聡史
【出演】岡田将生、木村多江、峯村リエ、相島一之、立川三貴、前田亜季、益岡徹、大西統眞・宏田力(Wキャスト)

【日程&劇場】
●東京プレビュー
日程:8/2(金)~8/4(日)
劇場:北千住シアター1010

●長野公演
日程:8/6(火)
劇場:長野県県民文化会館 ホクト文化ホール 大ホール

●愛知公演
日程:8/8(木)、9(金)
劇場:日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

●静岡公演
日程:8/11(日)
劇場:静岡市清水文化会館 マリナート

●東京公演
日程:8/14(水)~8/27(火)
劇場:日比谷 シアタークリエ

●大阪公演
日程:8/30(金)~9/1(日)
劇場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【公式サイト】https://www.tohostage.com/brackenmoor/

(敬称略)
  • Tweet
  • シェア
  • はてなブックマーク

pagetop

page top