shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐野勇斗 映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」初日舞台挨拶!

佐野勇斗出演映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」が9月6日(金)全国公開を迎え、TOHOシネマズ日比谷にて行なわれた初日舞台挨拶に登壇した。

同作は、2015年6月に連載開始し、週刊ヤングジャンプの中でも非常に人気の高い作品として、単行本は既に累計部数800万部を突破する漫画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」(原作:赤坂アカ/集英社・週刊ヤングジャンプ連載中)を実写映画化。エリートが集う名門学園を舞台に、プライドが邪魔して素直になれない男女が、相手に告白させるために恋愛頭脳戦を繰り広げるさまを描く。

佐野は、秀知院学園高等部1年で生徒会会計の石上優を演じる。観察力の高さゆえに生まれる地雷的発言により意図せぬ誤解を連発。青春ヘイトが止まらないという役どころ。

上映終了後の舞台挨拶に登壇した佐野は、「皆さん、盛り上がってますか?!全国(の劇場の皆さん)盛り上がってますか?!石上優 役を演じさせていただきました、佐野勇斗と申します。短い時間ではありますが、とても多くの方々に見ていただいているということで、楽しんでいただければと思います。どうぞよろしくお願いします。」と挨拶し、同舞台挨拶の模様が生中継されている全国119の劇場の皆さんに向けても呼びかけた。

映画撮影は、天才生徒会長役の平野紫耀さん、副会長役の橋本環奈さん、会計役の佐野勇斗、書記役の浅川梨奈さんの4名の生徒会メンバーでのシーンが多く、和気あいあいとした仲睦まじい様子そのまんまでのクロストークで大盛り上がり。
平野さんから、佐野演じる石上に向けての『石上どうした?』というセリフのシーンでのツボが多かったと語られ、共演者らに笑いが伝染していき苦労したというエピソードも明かされた。
また、長い時間共に撮影した生徒会メンバー内で流行っていたという“早口言葉”も披露。上級者レベルだという平野さんと共に佐野も挑戦し、会場を大いに湧かせていた。

そして、“高すぎるプライドが邪魔をして告白できずにいる─”という設定にちなみ、「プライドが邪魔をしてできないこと」を発表。
佐野は【プライドが高すぎてアイスを買うことができない!】と告白し、その理由について「僕はアイスが大好きなんですけど、プライドが邪魔をして(値段の安い)アイスを買うことができないんです。本当は100円ぐらいのクリーミーなアイスが好きなんですけど、店員さんの目を気にしてしまい、見栄をはって、ちょっと値段の高いアイスを買ってしまうんです。」と明かし、会場からの笑いに包まれた。

最後は、登壇者ら4名での“告す玉”(くす玉)を割りも行われ、公開初日を盛大にお祝いして舞台挨拶を締めくくった。

映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」は、全国東宝系にて絶賛公開中!ぜひ劇場でご覧ください!


【ストーリー】
将来を期待されたエリートたちが集う私立・秀知院学園。頭脳明晰・全国模試上位常連の生徒会長・白銀御行(平野紫耀さん)と、文武両道で美貌の持ち主・大財閥の娘である生徒会副会長・四宮かぐや(橋本環奈さん)は互いに惹かれ合っていた。
しかし、高すぎるプライドが邪魔して、告白することが出来ずに、半年が経過-。素直になれないまま、いつしか自分から告白することが「負け」という呪縛にスライドしてしまった2人は「いかにして相手に告白させるか」だけを考えるようになった。
天才だから…天才であるが故に、恋愛にだけはとっても不器用でピュアな2人による、相手に「告らせる」ことだけを追い求めた命がけ(!?)の超高度な恋愛頭脳戦!果たして勝敗は!?そして2人の初恋の行方は-?
  • Tweet
  • シェア
  • はてなブックマーク

pagetop

page top