shadow
サクラシメジ

さくらしめじ

ニュースNEWS

LIVE

BATTLE BOYS「ebidence」シリーズ、フィナーレ! 全国選抜メンバーはそれぞれの夢へ

7月7日(日)、東京・豊洲PITでHMV presents「BATTLE BOYS LIVE 2019〜DREAMS COME TRUE〜」が開催された。これはBATTLE BOYS 3rd STAGEの全国選抜がメインアクトを務め、各エリアの選抜メンバーやBATTLE KiDSらが一堂に会したもの。ゲストとしてSUPER★DRAGONやさくらしめじも出演し、2時間半に渡ってアツいステージを繰り広げた。

オープニングアクトとして登場したのは、真っ白な衣装で見事なダンスとボーカルを披露した10人組DAN⇄JYOだ。息の合ったパフォーマンスで会場を沸かし、その熱気をさっそくBATTLE BOYS全国選抜へとバトンタッチ。西日本選抜、東日本選抜に分かれて登場した彼らはそれぞれのエリアごとのメンバー名コールをレクチャーしながら、3月にリリースされた3rdシングル「With you With me」のダンスパートでオーディエンスとコミュニケーションを取っていく。会場が充分にあたたまったところでライブの開幕を高らかに宣言し、次なるグループを紹介。BATTLE KiDSは「Tomorrow」、そして総勢23名での「天然Boy!ドジっ子Girl!」を元気いっぱいに歌いきった。

次のゾーンでは、BATTLE BOYS地方選抜のパフォーマンスを連続で。トップバッターの東京は「Grab a chance」からスタートし、「Love me up」、「my soul」とどの曲でもイントロで歓声が上がっていて、その人気の高さを伺うことができた。福岡と沖縄は、それぞれの持ち味を生かした楽曲に加え、総勢9名のユニットとしてR&Bテイストの「Sexy Thing」も披露。名古屋は力強いギターサウンドが印象的な「Don’t Let Me Down」をエネルギッシュな歌とダンスで届けた。仙台はまず「真っ白な恋」の1フレーズをしっとりと披露し、エモーショナルに、ポップにと表情を変えながらオーディエンスを魅了。ラストの大阪は、アクロバティックなパーフォーマンスを取り入れながら全力でステージを展開し、短い時間ではあったが、それぞれのグループの特色をしっかりとアピールする内容となっていた。

AMEZARI -RED STARS-は、「デイジーワールド」、「AMEZARI最強No. 1伝説」、「100億のコトバをキミに」の3曲をメドレー形式で。エンターテインメント性高いポップなステージをオーディエンスと一緒にテンポよく作りあげていた。

イントロが流れるたびに悲鳴のような歓声が上がったのは、BATTLE BOYSによるスパドラメドレー。「Pendulum Beat」、「The Survivor」は13人での迫力あるダンスを全面に押し出し、「MIKAZUKI」は4人でしっかり歌に合わせた踊りで表情届ける。「リマカブロ」では17人がステージ狭しと駆け回ってアツいパーフォーマンスを繰り広げ、視覚的にも強烈な印象を残していった。「Untouchable MAX」の途中で突如音が止まり、ざわつく会場。次の瞬間、暗転した会場に迫りくる地鳴りから雷鳴のように空間を切り裂く爆音が場内に轟くと、ステージ上段にSUPER★DRAGONが登場した。「まだまだ声出せるだろ!」とオーディエンスを煽りながら「BAD BOY」で会場をひとつにし、「Ooh!Ooh!」ではしっかりと魅せる表現も。「PAYAPAYA」ではBATTLE BOYS総勢55人もステージに登場し、全員で”PAYAPAYA”しながら会場のテンションをマックスへと高めた。

BATTLE STREETはまず、「COUNTDOWN」のスマートかつスタイリッシュなダンスでオリジナリティーを表現。6月にLoppi・HMV限定でリリースされた「Show Time!!」では一転、笑顔いっぱいでフロアと向き合い、四つ打ちの低音が響く「Burn Burn Bumb」と個性豊かな楽曲を次々と披露。途中、武藤 潤から「今日をもってBATTLE BOYSを卒業し、これからは正式なユニットとして活動していきます。いつも応援してくださっている皆さんと、この先に待つもっと大きなステージへ一緒に駆け上がっていきたいと思います!」と告げると、会場からは驚きと喜びの拍手が沸き起こった。最後は、嬉し涙を輝かせながらの「Macanas.」。これからの活躍がますます楽しみになるような、晴れやかなエンディングだった。

次に登場したのは、さくらしめじ。ギター2本と2人の声が優しく響く「さんきゅう」を歌い始めると、会場を埋めた1700人が一斉に耳を傾ける。2曲めの「てぃーけーじー」では”えのきっず”たちと一緒にユニークな振り付けで会場を盛り上げ、最後はお立ち台での2人のギターバトルから始まる「でぃすとーしょん」でアーティスティックな一面もガツンと見せてくれた。彼らのライブを初めて見た人にも、かなり強烈な印象を残したのではないだろうか。


BATTLE BOYS全国選抜の10人は、ひときわきらびやかな衣装で登場。全身に自信と誇りを漲らせながら「ebidence」を歌い上げると、ここまでの道のりや未来を思う強い気持ちを刻むように「Sha na na」がパフォーマンスされた。また、メンバーを代表して長野凌大から「僕らEBiDAN研究生のBATTLE BOYSが、集大成としてこんなに大きなステージに立てている今日は新たな歴史の1ページ。これからも僕たちはそれぞれの夢に向かって一生懸命頑張っていきます。こうしていつもステージで踊っていられるのは、いろんな人のおかげ。僕達は今、世界で一番幸せです!」と伝えられると、泣いたり笑ったりしながらお互いを気遣いあっているメンバーたちに向け、会場からは長い長い拍手が寄せられていた。また、3rd STAGEは今日で終わりとなるが、本日終演後から4th STAGEがスタートすることを発表。全国選抜メンバーは幕張メッセで行われるEBiDAN THE LIVEで生発表されることもアナウンスされた。3rd STAGE全国選抜ラストの曲となった「With you With me」では、BATTLE BOYS地方選抜メンバーもステージに登場。エンディングにふさわしく、フロアには銀テープが華やかに降り注いでいた。

BATTLE BOYS全員がステージに揃ったということで、最後に歌うのはもちろん「LOVE MUSIC」。次なるステージへ向かうそれぞれの門出を祝うような、あたたかくてハッピーな景色が広がっていた。またフィナーレでは、AMEZARI -RED STARS-、SUPER★DRAGON、さくらしめじ、DAN⇄JYOのDANも再びステージへ。DANメンバーである髙松アロハ、岡田結都、大橋龍馬、桐山陽向、石田亮太の5人はBATTLE BOYSを卒業してDAN⇄JYOとしての活動に専念することも発表され、ユニットとしての活躍にも期待してほしいとの抱負が語られた。

ライブはこれで大団円かと思いきや、再びステージに現れたBATTLE BOYSの面々。秋に大阪選抜の東京・大阪ツアーが決定したことをサプライズ発表し、会場は再び大歓声に包まれていた。夢を夢で終わらせないためにも、変化や進化を恐れずに前進していく<BATTLE BOYS>達の活動に、今後もぜひ注目していこう。

LIVE

結成5周年を迎えたさくらしめじがワンマンライブを開催! サプライズの連発に最後は絶句!!

田中雅功(がく)と髙田彪我(ひょうが)による現役高校生フォークデュオのさくらしめじが、ユニット結成の記念日である6月14日(金)に東京・duo MUSIC EXCHANGEにて、ワンマンライブ「しめたん-さくらしめじが生まれた日 祝5周年-告知!! サプライズ編」を開催した。

開演時間になると、二人が<あっちもこっちもどっちもそっちもサプライズ>と歌うスペシャルSE「サプライズ」が鳴り止み、客電が暗転。スモークが焚かれる中でステージ上に二人が姿を現し、オープニングナンバー「My Sunshine」のイントロを弾きだした……と、思いきや、まさかのニセモノで、本物のさくらしめじは2階から登場!いきなりのサプライズに驚く“きのこりあん”(ファンの呼称)を見渡し、「サプラーイズ! 本物はこっちだよ」と手を振りながら、1階へと駆け下りて、パーティーチューン「Bun!Bun! BuuuN!」でライブをスタートさせた。ラメが煌めく真っ赤な衣装を身に纏った二人がアコギの変わりにタオルを回して盛り上げると、超満員の会場は早くもクライマックスのような熱気に包まれた。

1つ目のサプライズを成功させた二人が「皆様のおかげで5歳になりました」とあいさつすると、場内からは大きな拍手がわき上がった。さらに、早くも2つ目のサプライズとして、今年の5月3日に開催された自身2度目の野音ワンマンを初のライブアルバムとして、配信限定でリリースすることを発表。彪我は、「野音で2回もライブができたのも、この5年間、支えてくださった皆様のおかげです」と語り、雅功が「これから先もみんなで一緒に笑顔の輪をもっともっと広げていきたいと思います。以上、さくらしめじでした!」と二人でお辞儀をしてステージを降りると、場内は暗転。一瞬の出来事にフロアはざわつくが、「うそだよー」と言う声と共に笑顔でカムバック。「ねこの16ビート」では会場全体が1つになって踊り、「いーでぃーえむ」では盛大なクラップが巻き起こり、「ケセラセラララ」では、沖縄の言葉で「ケセラセラ」を意味する「なくるないさ」のコール&レスポンスで観客を楽しませた。

ここで、2つ目の告知として、今年の冬に2枚目のアルバムを出すると宣言。MCでは、この5年間にリリースしてきたCD を振り返りながら、ツイッター上で募集した「ベスト・オブ・しめじソング」アンケートの結果を基にしたキャリア初のメドレーに突入。永野芽郁主演のドラマ「こえ恋」の主題歌「ひだりむね」やNHK 「みんなのうた」に起用されたフォークソング「スプーンの初恋~あゝ、好きだよベイベー~」などを盛り込んだメドレーで、この二人でしかなし得ないハーモニーを響かせた。

ライブ中盤のMCでは、今年度に高校を卒業することを報告。そして、この日3つ目の告知として、「高校卒業ワンマン」の開催を約束。新たな生活への期待を綴った「はじまるきせつ」から、明日に向かって突き進む決意を込めたメッセージソング「My Sunshine」、そして、朝の通学や通勤をテーマにしたロックンロール「スタートダッシュ」へ。未来に向かって勢いよく走り出す楽曲を3曲続けてパワフルに歌い上げ、フロアの熱気をあげると、「てぃーけーじー」では、彪我はアコギを置いて、ニワトリダンサーを迎えて、てぃーけーじーダンスを踊って盛り上げ、卵かけご飯ではなく、バースデーケーキの早食い対決を実施。小さめながらもホールケーキのために食べきれなかったが、食べた量で辛くも雅功が勝利し、本編は幕を閉じた。

きのこりあんによる「ハッピーバースデー」の合唱に呼ばれたアンコールでは、ドラマチックなラブソング「先に言うね」をエモーショナルに歌い上げると、雅功が「結成してから今日まで、一日1日が充実していて、本当に一瞬でした。そんな日々を過ごせたのは、日頃応援してくださる皆さんのおかげです」と感謝の気持ちを伝え、「僕たちは5周年を迎えて、3月には高校を卒業して、大人としての新たな一歩を踏み出します。音楽の力で背中を押せる、もっともっと、皆さんに寄り添える大きなアーティストになっていきたいなと思ってます」と決意を表明。日比谷野外大音楽堂で初披露した新曲で、きのこりあんとのつながりに感謝の気持ちを込めて「同じ雲の下」を熱唱。
最後のMCでは彪我が「みなさんが大好きです! 愛してます!! I love you」と叫ぶと、雅功も「僕もみなさんが大好きです!」と絶叫。

初めて二人で作った自作曲「おもいでくれよん」では、<僕らの旅は始まったばかりだ>と声を合わせ、「みちくさこうしんきょく」を観客全員と大合唱して締めくくりかと思いきや、ニワトリ姿のスタッフが乱入。二人に手渡されたくす玉型のポストカードには、本人たちにも伝えていなかった、2017年12月以来となる2度目の赤坂BLITZ公演情報が書かれており、二人は驚きのあまり絶句。その後、我に返った二人はハイタッチし、「やった! 再びあそこに立てるんだね」と歓喜。彪我は「ありがとう。この一言に尽きます。ありがとう。さくらしめじ、これからも突き進んでいきます!」と声をあげ、ハッピーなバースデーライブは締めくくられた。

なお、さくらしめじは、7月20日(土)の香川公演を皮切りに、全国18カ所を回るツアー「ドッ!菌!青春!18本ツアー」を敢行する。
また、終演後には、5周年特設サイト()がアップされた。


【セットリスト】
M1.My Sunshine
M2.Bun!Bun!BuuuN!
M3.ねこの16ビート
M4.いーでぃーえむ
M5.ケセラセラララ
M6.メドレーコーナー(またたび〜まよなかぴくにっく〜せきがえのかみさま〜ひだりむね〜スプーンの初恋〜靴底メモリー〜だるまさんがころんだ〜さんきゅう〜ゆめがさめたら)
M7.はじまるきせつ
M8.My Sunshine
M9.スタートダッシュ
M10.てぃーけーじー

En1.先に言うね
En2.同じ雲の下
En3.おもいでくれよん
En4.みちくさこうしんきょく



【告知情報】
●配信限定ライブアルバム「木もれ陽の中の春風キャンプin日比谷野外大音楽堂」
7月5日発売!
【収録内容】
1. てぃーけーじー
2. ひだりむね
3. ふうせんはなび(木もれ陽の中の春風ver.)
4. かぜだより
5. いくじなし
6. 菌カツ!
7. ケセラセラララ
8. 届けそこねたラブソング
9. 夕空小道
10. My Sunshine
11. でぃすとーしょん
12. あやまリズム
13. スタートダッシュ
14. Bun! Bun! BuuuN!
15. 先に言うね
16. えそらごと

●赤坂BLITZワンマン決定!
さくらしめじ5周年企画第3弾!
【昼の会】
改めましてさくらしめじと申します。
大・大・大祝祭!ドドン!とお祝いしてくれYO!
【夜の会】
森のきのこの音楽会~歌とギターとさくらしめじ。
そして、きのこりあんを添えて~

2019年11月24日(日)
会場:マイナビBLITZ赤坂
昼の会:13:00 / 13:30
夜の会:18:00 / 18:30
チケット料金:¥6,300

●さくらしめじ5周年特設サイトが完成!

ディスコグラフィーDISCOGRAPHY

※ディスコグラフィーは準備中です。

pagetop

page top
別れさせ屋 青森

https://chemtest.com.ua/

www.renesans-centr.kiev.ua