shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森川葵 「映画 賭ケグルイ」初日舞台挨拶!

森川葵出演、「映画 賭ケグルイ」が5/3(金・祝)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた舞台挨拶に森川が登壇した。

河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒットコミック「賭ケグルイ」。スピンオフも数多く発表されそのシリーズ累計部数は500万部を突破。2018年1月には実写ドラマ化され、続編となる「賭ケグルイ season2」が先日最終回を迎えた。
そしてこの度、原作者・河本ほむらがシナリオ原案・監修として参加し、英勉監督とタッグを組んだ完全オリジナルストーリーとなる同作がいよいよ公開。
舞台は、“ギャンブルの強さ”のみが自身の階級を決める、私立百花王学園。桃喰綺羅莉率いる生徒会に挑む蛇喰夢子たちに対し、“非ギャンブル、生徒会への不服従”を謳う反生徒会組織「ヴィレッジ」の存在が明らかになり、全校生徒を巻き込んだ三つ巴の戦いが繰り広げられる―。

森川は、2年華組に君臨する凄腕のギャンブラー・早乙女芽亜里を演じている。

芽亜里は矢本悠馬さん演じる木渡潤とタッグを組むことになるが、ゲームシーンの撮影について森川は、「アドリブかと聞かれるのですが、セリフはほぼほぼ台本通りです。動きはあまり書かれていなかったので自分たちでやりました。」と話すと英監督が“ふたりでひどいんです”とクレーム。それに対し森川が、「えっ?ひどいですか?「賭ケグルイ」を盛り上げようと思って、矢本マンと息を合わせました。」と応戦し会場の笑いを誘った。さらに、ふたりの芝居を受けていた歩火樹絵里役の福原遥さんから“お芝居を通り越してすごいと思った”と語られ森川は、「これを無表情で笑いもせずに見ているほうがすごいと思いました。なんで笑わないんだろうって。どうやったら笑うかなって、笑わせにかかってましたから(笑)。」と話し、福原さんは“笑いをこらえるのに必死でした”と苦労を明かしていた。

この日の舞台挨拶では、同作が新元号・令和になり初めて公開される劇場作品の1本であることと映画のテーマにちなみ、『令和に”賭け”たい勝負や、挑戦してみたいこと』を発表する一幕も。森川は、「私は欲望に打ち勝ちたいです!欲に負け勝ちなので、令和は欲に勝てるような大人な人になりたいです。」と抱負を語った。

「映画 賭ケグルイ」は、現在大ヒット公開中!
なお5/17(金)より、劇場で鑑賞する際にアプリ『副音声de賭ケグルイ』を使用して撮影秘話や劇中ゲームの全貌が明らかになる、キャスト・スタッフによるオーディオコメンタリー企画がスタートする。
ぜひ劇場でお楽しみください!

【ストーリー】
2年華組・蛇喰夢子(浜辺美波)は、生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)とのギャンブルを心待ちにしていた。2人の勝負の期待が高まる中、学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団・ヴィレッジが生徒会と対立。
組織を主宰する村雨天音(宮沢氷魚)は、過去に綺羅莉にギャンブルで打ち勝ったことのある伝説の人物であった。
ヴィレッジ解体並びに夢子潰しを企む生徒会は、全校生徒に2人1組で強制参加させ、不参加者を即刻退学の刑に処すギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言。生徒代表に選ばれれば活動資金3億円と、自分の人生を望み通りに決められる「人生計画表・白」が与えられるらしい。
非ギャンブルの考えを貫く村雨が沈黙を守る中、村雨の部下である歩火樹絵里(福原遥)は組織を守るためにゲームに参戦。夢子は小心者の同級生・鈴井涼太(高杉真宙)と、夢子と共に生徒会に立ち向かってきた早乙女芽亜里(森川葵)もかつての対戦相手・木渡潤(矢本悠馬)とタッグを組み、“学園史上最大のギャンブルトーナメント”に挑むのだった―。

(敬称略)
  • Tweet
  • シェア
  • はてなブックマーク

pagetop

page top