Online10 SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
マツユキヤスコ

松雪泰子

ニュースNEWS

TV

松雪泰子 ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」出演決定!

松雪泰子が7月スタートのドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)に出演することが発表された。

原作は、韓国の大ヒットドラマ『サイン』(2011年)で、「法医学」を軸に、“真の正義とは何か”を問うノンストップの群像サスペンス。
韓国版では、実在の法医学鑑定機関「国立科学捜査研究院」を舞台とし、国や権力の息がかかりやすい状況下での攻防戦が描かれたが、日本版では「日本法医学研究院」なる、厚労省・警察庁共管の架空組織を設定、法医学の現場で実際に起こりうる、第三者による解剖結果への“干渉”や“忖度”を国レベルに押し上げ、物語をダイナミックに揺り動かしていく。
失敗と挫折、裏切りと陰謀に翻弄されながらも、遺体に残された真実の証(=サイン)と正義を求めて突き進む解剖医と仲間たち…。あらゆる事件において、彼らが突き止める“真実”と、権力側がねつ造する“真実”が共存する中、両者は“自分たちの真実”を“本当の真実”として確立させるため、生き馬の目を抜くデッドヒートを繰り広げる。

松雪は、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖を演じる。
千聖は、女性初の捜査一課長を目指す野心家で、圧倒的な男性社会である警察組織の中で悔しさをバネに、必死に勉強して今の地位まで這い上がってきた女性。「日本法医学研究院」の解剖医で同作の主人公・柚木貴志とはかつて恋人関係にあり、一時は婚約もしていた。勝ち気で、芯が強く、普段は冷静で落ち着き払っている大人の女性だが、酒癖が悪い、という役どころ。

出演にあたり松雪は、「法医学者は言葉を失った遺体から真実を導き出す、大変なお仕事ではありますが、それによって多くの人が救われます。今回の作品でも、法医学者たちがどのように活躍していくのか、非常に楽しみです。」とコメント。

自身が演じる役について、「私が演じる千聖は、そんな法医学者たちとタッグを組んで、真実を追求していく刑事。キャリア志向でありながらも、実際のところは正義感が強く、真っ直ぐな人だと感じております。演じるにあたっては、いい意味で肩の力が抜けた、大人の女性のユーモアを持ち合わせながらも、力強さのある女性像を構築していきたいです。幸いなことに、男性にも負けない力強さは私自身も持ち合わせております(笑)。自分の中に潜んでいる“ライオン”を引き出して、この役に挑みたいと思います。
刑事役は久しぶりに演じるのですが、会話の内容がどうしても専門的になるので、実は“そこに実在する人”として演じるのが難しい役どころでもあるんです。ですから、状況説明的なセリフも含め、どこまで自然体で刑事を演じられるかにも挑戦していきたいです。」と意気込んだ。

同作の主人公で愚直なまでに真実と正義を追求する偏屈かつ無頼な解剖医・柚木貴志を大森南朋さん、柚木の助手となる新人解剖医・中園景を飯豊まりえさん、生意気だが正義感あふれる千聖の部下・高橋紀理人を高杉真宙さん、そしてそんな彼らの前に立ちはだかる、国立大の法医学教授・伊達明義を仲村トオルさんが熱演。松雪は、「このドラマはすごく大きな力に立ち向かっていく正義感や、真実を追求する信念が心に響いてくる作品だと思います。全編を通した壮大な物語の中で完結していくエピソードもありますし、刑事としてそことどう対峙していけるかが楽しみで仕方ありません。大森(南朋)さんや(仲村)トオルさんとも久しぶりにご一緒できますし、飯豊(まりえ)さんと高杉(真宙)さんという若いお2人とも初共演できますので、今からワクワクしております。我々俳優陣、視聴者の皆様に楽しんでいただけるよう、全力でこの作品に挑みたいと思います。私も強いだけでなく、チャーミングで愛される女性刑事を演じていきたいと意気込んでおりますので、ぜひ楽しみにご覧いただければ、と思います。」と話した。

ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」は7月よりテレビ朝日系にて毎週木曜21:00~21:54放送。
ぜひご期待ください!

MOVIE

松雪泰子 映画「甘いお酒でうがい」主演決定!

松雪泰子が2020年公開予定の映画「甘いお酒でうがい」で主演を務めることが発表された。

原作は、じろう(シソンヌ)が長年演じてきた代表的登場人物の一人である「川嶋佳子」が日記を書いたなら…と描かれた小説『甘いお酒でうがい』で、自身の脚本により映画化。
メガホンをとるのは、様々な世代の女性の生き様を、毒っ気とユーモアと優しさを含んだリアルな目線で描いてきた大九明子監督。
40代独身女性が何気ない日常を綴った1年5ヶ月の日々。恋、亡き母、人生…。彼女が書き留めるのは誰でも覚えのある人生の悲哀と日常にちりばめられている小さな喜び。それらに一喜一憂するのではなく、そっと寄り添って生きていく佳子を、松雪が体現する。

とある会社で派遣社員として働く40代独身女性・川嶋佳子(松雪)は毎日日記をつけていた。撤去された自転車との再会を喜んだり、変化を求めて逆方向の電車に乗ったり、踏切の向こう側に想いを馳せたり、亡き母の面影を追い求めたり…。佳子の唯一の幸せは会社の同僚である年下の若林(黒木華)ちゃんと過ごす時間。そんな佳子に小さな変化が訪れる。それは、ふた周り年下の岡本くん(清水尋也)との恋の始まりだった…。

松雪は同作の主人公・川嶋佳子を演じる。

出演にあたり松雪は、「「川嶋佳子」という人物が、とても複雑でちょっと残念で、後ろ向きだけどポジティブで、本当に魅力的な女性なので、じろうさんの独特な視点と大九監督のリズムが合わさった“佳子ワールド”を楽しんでもらえたらと思います。」とコメントを寄せた。

映画「甘いお酒でうがい」は、2020年公開予定。なお、4/18(木)~4/21(日)開催される『第11回沖縄国際映画祭』にて特別上映される。
ぜひご期待ください!

(敬称略)

プロフィールPROFILE

MOVIE

1992年

11月

「パテオ」(松竹)
1995年

08月

ボクたちの映画シリーズ「白鳥麗子でございます!」(東映)
2000年

04月

「MONDAY」(シネカノン)

04月

「アナザヘブン」(松竹)
2002年

08月

「DRIVE」(IMJ)
2006年

03月

「子ぎつねヘレン」(松竹)

09月

「フラガール」(主演)(シネカノン)
2007年

01月

「子宮の記憶/ここにあなたがいる」(主演)

08月

CGアニメ映画「ベクシル-2077 日本鎖国-」(声優)
2008年

08月

「デトロイト・メタル・シティ」(東宝)

10月

「容疑者Xの献身」(東宝)
2009年

02月

「余命」(主演)(SDP)

05月

「五右衛門ロック」ゲキ×シネ

10月

「沈まぬ太陽」(東宝)

10月

「クヒオ大佐」(ショウゲート)

11月

「笑う警官」(松竹)
2010年

04月

「てぃだかんかん」(ショウゲート)
2011年

10月

「スマグラー おまえの未来を運べ」(ワーナー・ブラザーズ映画)
2012年

04月

「この空の花ー長岡花火物語」

06月

「ホタルノヒカリ」(東宝)

09月

「ボーン・レガシー」(東宝東和)
※声優出演
2013年

02月

「脳男」

09月

「ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL」(東宝)
 
「謝罪の王様」(東宝)
2015年

08月

「at Home」(ファントム・フィルム)
2016年

11月

「古都」(DLE)
2017年

12月

「鋼の錬金術師」(ワーナー・ブラザース映画)
2018年

03月

「リメンバー・ミー」(ウォルト・ ディズニー・ジャパン)
※声優出演

TV

1991年

04月

「熱血新入社員宣言」(TBS)
(~06月)

04月

「BANANACHIPS LOVE」(CX)

07月

スペシャル「夜に海輝き」(NHK)
1992年

01月

「大人は判ってくれない 神様の前でついた嘘」(CX)

01月

「D 坂殺人事件 名探偵明智小五郎誕生」(CX)

04月

「アルファベット 2/3」(CX)
(~06月)

04月

「Jr.愛の関係」(CX)
(~06月)

09月

松竹 スペシャルドラマ「パ・テ・オ」(CX)
1993年

01月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!」(CX)
(~03月)

04月

「OLたちのざけんなョ!! 社員旅行は大っ嫌い」(CX)

10月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!2」(CX)
(~12月)
1994年

07月

「毎度ゴメンなさぁい」(TBS)
(~09月)

10月

「男はいらない」(NTV)
1995年

04月

「毎度おジャマしまぁす」(TBS)
(~06月)

10月

「ベストフレンド」(NTV)
(~12月)
1996年

04月

「勝利の女神」(CX)
(~06月)

07月

「硝子のかけらたち」(TBS)
(~09月)
1997年

01月

「名探偵 保健室のオバさん」(ANB)
(~03月)

04月

「理想の上司」(TBS)
(~06月)
1998年

01月

「きらきらひかる」(CX)
(~03月)

04月

「愛、ときどき嘘」(NTV)
(~06月)

06月

「かみさんなんかこわくない」第11話ゲスト(TBS)

10月

「なにさまっ!」(TBS)
(~12月)
1999年

04月

「アフリカの夜」(CX)
(~06月)
2000年

04月

「太陽は沈まない」(CX)
(~06月)

09月

「ブラックジャック2」(TBS)
2001年

07月

「救命病棟24時」(CX)
(~09月)

12月

「忠臣蔵47/1」(CX)
2002年

08月

「怪談百物語 雪女」主演(CX)

10月

「真夜中の雨」(TBS)
(~12月)
2003年

06月

27時間テレビ「海のオルゴール」主演(CX)

10月

「ビギナー」(CX)
(~12月)
2004年

01月

「砂の器」(TBS)
(~03月)
2007年

07月

「ファースト・キス」(CX)
(~09月)

07月

「法の庭」(CX)
2010年

04月

「Mother」(NTV)
(〜06月)

10月

「パーフェクトリポート」(CX)
(~12月)

11月

スペシャルドラマ「心の糸」(NHK)
2011年

12月

「境遇」(ANB)
2012年

01月

大河ドラマ「平清盛」(NHK)
(~12月)

09月

「負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田 茂~」(NHK)
(~10月)
2013年

04月

「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」(TBS)
(~06月)

10月

松本清張スペシャル「顔」主演(CX)
2014年

02月

「地の塩」(WOWOWプライム)
(~03月)

07月

「家族狩り」主演(TBS)
(~09月)
2015年

01月

「上流階級~富久丸百貨店外商部~」(CX)

11月

「5人のジュンコ」主演(WOWOWプライム)
(~12月)
2016年

04月

「グッドパートナー 無敵の弁護士」(ANB)
(~06月)
2018年

04月

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)
(~09月)

07月

「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(ANB)
(07月~)

STAGE

2004年

10月

「夜叉ヶ池」
東京公演:パルコ劇場
名古屋公演:愛知厚生年金会館(11月)
大阪公演:シアター・ドラマシティー(11月)
2005年

09月

新感線☆プロデュース「吉原御免状」
東京公演:青山劇場(~10月)
大阪公演:梅田芸術劇場メインホール(10月)
2007年

10月

ミュージカル「キャバレー」
(~11月)
2008年

07月

新感線☆RX『五右衛門ロック』
東京公演:新宿コマ劇場
大阪公演:大阪厚生年金会館大ホール(8月)
2009年

12月

「東京月光魔曲」
Bunkamuraシアターコクーン
(~2010年1月)
2012年

05月

「シダの群れ 純情巡礼編」
東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン

09月

葛河思潮社 第二回公演「浮標」
世田谷パブリックシアター
2013年

03月

朗読劇「LOVE LETTERS 2013 Whiteday Special」
パルコ劇場

09月

葛河思潮社 第三回公演「冒した者」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(~10月)
2014年

09月

葛河思潮社 第四回公演「背信」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(09月~)

12月

「キレイ -神様と待ち合わせした女-」
Bunkamuraシアターコクーン ほか
(12月~)
2015年

05月

劇団☆新感線「五右衛門VS轟天」
大阪公演:シアターBRAVA!
福岡公演:キャナルシティ劇場
東京公演:赤坂ACTシアター
2016年

10月

シアターコクーン・オンレパートリー2016「るつぼ」
Bunkamuraシアターコクーン
2017年

06月

ONWARD presents 劇団☆新感線「『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS」
豊洲・IHIステージアラウンド東京
(~09月)

11月

「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」
東京公演:銀河劇場
広島公演:JMSアステールプラザ 大ホール
北九州公演:北九州芸術劇場 中劇場
京都公演:ロームシアター京都 サウスホール
愛知公演:穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
(~12月)
2018年

10月

「ゲゲゲの先生へ 」
東京公演:東京芸術劇場 プレイハウス
松本公演:まつもと市民芸術館 主ホール
大阪公演:森ノ宮ピロティホール
豊橋公演:穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
宮崎公演:メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 演劇ホール
北九州公演:北九州芸術劇場大ホール
新潟公演:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
(~11月)

SINGLE

1995年
「ESP」
(1995.6.21)
 
「時を越えて」
(1995.11.8)
 
「Rain-雨に抱かれて...-」
(1995.11.8)
 
「WISH」
(1995.12.10)
1996年
「おやすみ」
(1996.5.25)
1997年
「空っぽの愛の嵐」
(1997.2.19)
 
「HAPPY HAPPY DAYS」
(1997.7.24)
 
「ふりむかないで」
(1997.9.26)
1998年
「愛の世界」
(1998.5.13)
1999年
「口唇」
(1999.1.13)
2007年
Taiji All Stars
「天国の歌 feat. hitomi / Blessing Soul feat. Yasuko Matsuyuki」
※ゲストボーカル
(2007.01.31)

ALBUM

1995年
「pray」
(1995.12.21)
1997年
「mondodelix」
(1997.3.19)
1998年
「32’05”」
(1998.6.17)
1999年
BEST album「M.M.M」
(1999.02.17)
2007年
「FEMME FATALE」HEATRE BROOK/Sun Paulo
※ゲストボーカル
(2007.02.21)

OTHER

1997年
●VIDEO
ビデオ「M」
(1999.3.17)

pagetop

page top
www.profvest.com

orca vs yeti

best-cooler.reviews